• JOIN US ON SNS
  • 株式会社monomode
    私たちは札幌・東京を拠点に活動するシステム開発、WEB制作、ホームページ制作会社です。WEB制作やネットショップ制作を主軸にウェブ上のプロモーション展開をサポートしています。

今、国内のクラフトビールがアツい!! 個性が光る7選!

今、国内のクラフトビールがアツい!! 個性が光る7選!

北海道でも朝晩は肌寒い日もありますが、だんだんと暖かくなり日中は半袖の人たちが見られるほど暖です。休日には大通公園でくつろぐ人たちを見ると改めて春を感じます。野外での活動も増える時期。BBQや屋外イベントでお酒を嗜むことも増えますね。

今回はそんな屋外で飲むのに最適!見た目も楽しめる人気を集める国内の「クラフトビール」に焦点をあててみました!

 

 

見た目もおしゃれ!国内クラフトビール特集

 

 

よなよなエール

E38288E381AAE38288~1

出典:seesaa.net

https://yonasato.com/ec/product/yonayona_ale/

長野県のヤッホーブルーイング社が手がけるクラフトビールで「世界3大ビール品評会」での受賞歴もあるビールです。柑橘系の華やかな香りが特徴のビールです。

「よなよなエール」の他「水曜日の猫」「インドの青鬼」など人気のクラフトビールを数多く手がけています。

 

 

常磐野ネストビール

IMG_2020

出典:buyersguide.jp

http://www.kodawari.cc

こちらも世界コンテストでの受賞歴のあるビール。可愛らしいふくろうのマークが目印です。香りやスパイスの違いによって数種類の味が用意されており、中でも人気は「ホワイトエール」。苦味を抑え、オレンジピールやコリアンダーを使用した華やかなハーブスパイスの香りのベルギーの伝統的な小麦ビールです。

 

 

馨和

main1

?http://www.nipponcraftbeer.com/kagua/ja

「和の食卓に映えるビールを世界中の人に楽しんでもらいたい」との想いから生まれたビールです。和食に合うものを作るためにを作り出すために高知県馬路村産の柚子や和歌山県有田川町の山椒山椒を加えたこだわり抜いたビールです。召し上がる際はワイングラスで。

 

 

coedo

topimage

?http://www.coedobrewery.com

出典:seesaa.net

埼玉県川越市の醸造所で製造されている「小江戸」をテーマとしたクラフトビールです。薩摩芋を使用した赤みがかったビール「紅赤」や黒モルトを使用し艶のあるしっとりとした黒色の「漆黒」など、日本の色名を使用した粋のあるビールです。

 

 

NORTH ISLAND BEER

13-1

http://www.2002cb.co.jp

北海道のクラフトビール。カナダの醸造所での経験を経たブルーマスターによって作られたというこのビールは、様々な味を表現するために6種類のレギュラービールと季節限定のビールを出しています。北海道をイメージさせる雪の結晶のマークがおしゃれですね。

 

 

鎌倉ビール

kball

?http://www.kamakura-beer.co.jp

それぞれ種類の違う3つのスタンダードなビールに加え、鎌倉から繋がる3つの街である横須賀・葉山・江ノ島の3つの地域をテーマしたビールもあり、それぞれの地域をイメージしたラベルが施されています。お土産にもぴったりです。

 

 

箕面ビール

20130624_704496

出典:naniwa.mobi

http://www.minoh-beer.jp

お猿のマークのビールが可愛い大阪箕面市の地ビール。すべてのビールが無ろ過・非熱処理となっており、酵母をろ過せずにそのまま瓶詰めすることで、より豊かな味わいが得られるのだそう。お猿さんマークを用いたグラスも販売しており、プレゼントにも喜ばれそう。

 

昨今話題を集めるクラフトビールですが、国内だけでもたくさんの醸造所がある中で比較的有名で馴染みのあるものを取り上げてみました。皆さんはいくつご存知でしたでしょうか。札幌でもクラフトビールを楽しめるイベント、バーやダイニングも増えてきましたので興味のあるものを飲んでみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
monomode編集部

monomode編集部

どうもどうも編集部です。札幌・東京の情報ライフハック、WEB関連のネタまで雑食的にご紹介していきますよ。これからも末永くmonomodeを宜しくお願いいたします!

関連記事

  • RSS rss
  • feedly FEEDLY Feedlyで追加する
ページトップへ戻る