• JOIN US ON SNS
  • 株式会社monomode
    私たちは札幌・東京を拠点に活動するシステム開発、WEB制作、ホームページ制作会社です。WEB制作やネットショップ制作を主軸にウェブ上のプロモーション展開をサポートしています。

必ず覚える価値がある、Google Analyticsの使い方<第1回目>

必ず覚える価値がある、Google Analyticsの使い方<第1回目>

おはようございます、こんにちは、こんばんわ。サッカー大好き人間の高間です。今回からWEBサイトのアクセス解析ツール「Google Analytics(グーグルアナリティクス)」の使い方をシリーズ化してご紹介しようかと思います。

初めての方は「へーやってみようかな、どれどれ〜」、もう知ってるよって方はぱぱっと見てもらって「あれ、こんな機能あったんだ〜」となっていただけると幸いです。

 

そもそも、Google Analyticsとは!

googleanalytics1

 

Google AnalyticsとはGoogleが提供している無料のアクセス解析ツールのことです。

例えばGoogle Analyticsではこんなことが出来ます!

 

・今どのくらいのユーザーが実際に見ているのか

・どの時間帯のアクセス数が一番多いのか

・どのページをユーザーが多く見ているのか

・どのページでユーザーが離脱したのか

・どのくらいユーザーがサイトに滞在していたのか

 

ほかにも様々な機能が数多く使用することができます。こんなアクセス解析ツールが無料で使えるなんて便利な時代ですよね、ちなみに上場企業の64%がGoogle Analyticsを導入している調査結果もあります。

上場企業における『Google Analytics』の導入状況調査 2013年8月 64%の企業がGoogle Analyticsを導入済み – Nexalの一期一会

それでは次に登録方法を見てみましょう!

 

Google Analyticsの登録方法

まず、Google Analyticsを使用するにはGoogleのアカウントが必要ですので、事前に取得又はこの際にアカウントの登録をしてみましょう。

Googleアカウントの作成

アカウントの取得が終わったら今度はGoogle Analyticsの登録を行いましょう。

こちらのページ上部にあるアカウント作成ボタンをクリックし、進めていきます。

 

googleanalytics2

 

次に申し込みをクリックします。

 

googleanalytics3

 

すると、こんなページになるかと思いますので、それぞれの項目に必要な情報を入力しましょう。

 

googleanalytics4

 

トラッキングの対象

トラッキングの対象ではアクセス解析をする対象を選択する項目です。WEBサイトとモバイルアプリを選択できますが、この記事ではWEBサイトにGoogle Analyticsを設定しますので、WEBサイトを選択しましょう。

 

アカウント名

アカウントの設定ではGoogle Analyticsを利用時のアカウント名を設定します。

 

WEBサイト名

Google Analyticsを設置するサイトのサイト名を設定します。管理する上でわずらわしくなる可能性がありますので、サイト名を同じにすることをオススメします。

 

WEBサイトのURL

Google Analyticsを設定するサイトのURLを入力します。

 

業種

サイトに該当する業種を選択します。

 

レポートのタイムゾーン

在住の国を選択します。

 

データの共有項目

Google Analyticsのデータを他のサービスなどと共有するか設定します。基本的には推奨のまま進めて構いませんが、気になる方は詳細をご覧下さい。

内容に間違いがなければトラッキングIDを取得ボタンを押します。

Google Analyticsの利用規約が表示されますので、同意を選択するとトラッキングIDの発行が完了となります。

 

Google Analyticsの導入方法

それでは次に、登録が完了したらGoogle Analyticsを導入します。

トラッキングIDと一緒にトラッキングコードが発行されますので、このコードをGoogleAnalyticsを設置したいサイトに入れます。コードの入れるとアクセス解析が可能となります。

 

googleanalytics5

基本的には<head>と</head>の中にトラッキングコードをコピーペーストし設置しましょう。設置が完了したら導入完了です。トラッキングコードを設置すると自動的にGoogleAnalyticsが検知し、「ステータス:データを受信しています」というステータスに変わります。ただし特に問題がなくてもステータスが変わるまでに少し時間がかかることがあります。ステータスに変化がなかった場合でも焦らずステータスが変化するのを待ちましょう。正しくトラッキングコードが設置されていればすぐにデータの取得は開始されています。もしもなかなかステータスが変化しない場合は、うまく設置ができていないことが考えられますので、トラッキングコードの設置場所がまちがって

 

Google Analyticsを見てみよう

今回は少しだけGoogle Analyticsの使い方を紹介します。

 

googleanalytics6

このページがGoogle Analyticsの最初の画面となり、ログインするとこの画面になると思います。もしGoogle Analyticsを入れるサイトが増えたとしても、この画面にて一括で管理できますので便利です。それでは、ページ上部にある各メニューについてご説明します!

 

ホーム

ホームはその名の通りGoogle Analyticsの基本的なページとなります。ホーム画面から、どのサイトのGoogle Analytics情報を見るのかを選択することができます。

 

レポート

レポートではユーザーのサマリーや各項目の詳細を見ることができます。ここではGoogle Analyticsで収集した情報を閲覧することができます。主にこのページを見る機会が多いかと思います。サマリーとは大きく4つに分けた項目であるユーザー、集客、行動、コンバージョンの要点をまとめたものです。例えばユーザーの項目の中にある詳細のアクティブユーザーやコホート分析等を見る時間がないときは、サマリーを見ればユーザー項目のまとめが載っているので便利です。

 

カスタム

カスタムでは、独自に作成したオリジナルのレポート(カスタムレポート)を見ることができます。調べたい項目等を設定してレポートを作成すれば、その項目に沿ったレポートを継続的に見ることが可能になります。

 

アナリティクス設定

アナリティクス設定では登録アカウント設定や、Google Analyticsを設置したサイトの設定をすることができます。

 

 

いかがでしたでしょうか。

今回はGoogle Analyticsについてと導入についての説明させていただきました。Google Analyticsは使いこなすことができればサイト運営のメリットが多く増えるかと思いますので、ぜひこの機会に覚えていただければと思います。

次回は基本的な使い方や機能など紹介しますので、ぜひお楽しみに!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で
The following two tabs change content below.
高間 しゅんすけ

高間 しゅんすけ

monomodeのガジェオタ高間です。 生まれも育ちも北海道で北海道が大好きです。 趣味はサッカー、スノーボード、サッカー観戦。

WEB制作もひとつのモノづくり。
WEB DESIGN PRODUCTION

関連記事

  • RSS rss
  • feedly FEEDLY Feedlyで追加する
ページトップへ戻る